低体温で悩んでいるのなら日々生活で意識しよう|改善する方法を知る
婦人

低体温で悩んでいるのなら日々生活で意識しよう|改善する方法を知る

冷え性で悩んでいる人に

足元

女性に多く見られる冷え性はただ冷たくなるというだけではなく、新陳代謝が低下しているために太りやすくもなってしまうので注意が必要です。人間の体温は36.5度が望ましいとされており、生活習慣を改善して平均体温を36.5度に近づけることが温活で大切なことだとされています。

体温を上げるためには

コップを持つ人

体温が低くなる原因と症状

最近、低体温の大人や子供が増えてきていますが、何が原因なのでしょうか。まずは、常に冷暖房が完備された場所にいるということです。自然界における体温の調節機能が低下するので、うまく体温が上がらなくなるのです。その状態が続くと低体温症になてしまうのです。また、冷たい食べ物を摂取し過ぎたり、栄養バランスの崩れた食生活を送っていると低体温になってしまいます。では、実際にどのような症状が表れるのでしょうか。まずは自律神経が乱れ、万病を引き寄せることになってしまいます。生理不順や花粉症もそうですし、普段はかからないような弱い菌にも感染してしまう恐れがあるのです。さらに、太りやすい身体を作ってしまうことにもなりかねません。

最適な治療法とは

出は一体、どのような方法で低体温を改善していけば良いのでしょうか。一つ目の改善方法として、冷たい食べ物や甘い物は出来るだけ避けるということです。さらに、旬の果物や野菜は体温を上げる効果がありますので、体調を改善させるためには積極的に摂取するようにしましょう。また、低体温の方は血液を循環させる機能が衰えていますので、軽い運動を続けることによって症状が改善されていきます。筋肉も身体を温める効果がありますので、相乗効果で更なる体温城主緒を臨むことが出来ます。さらに、夏場でもゆっくりとお風呂に浸かると良いでしょう。その際には、ただ入るだけでなく、ふくらはぎをマッサージしたり全身のストレッチをするようにしましょう。

枕の高さと微調整

睡眠

起床時に口が乾いてしまう人は理想の枕の高さでない可能性があります。高すぎても低すぎても、口が乾きやすくなるのです。枕そのものを替えることもできますが、低い枕の場合はタオルなどで高さを微調整もできます。

快眠に良い敷き布団

寝具

雲のやすらぎは、ふかふかして寝心地が良いと人気の敷き布団です。独自の設計で体をしっかりと支え、首や腰の負担を軽減して快眠へと導きます。他にも通気性の良さや、睡眠時の適度な温湿度調整といった機能も備えています。