枕の高さと微調整|低体温で悩んでいるのなら日々生活で意識しよう|改善する方法を知る
女性

低体温で悩んでいるのなら日々生活で意識しよう|改善する方法を知る

枕の高さと微調整

睡眠

口が乾くなら枕が原因かも

毎朝、目覚めると口の中が乾いている人が少なくありません。なぜそのようなことになるかというと、その原因の一つに枕の高さが関わっていることが多いです。枕が高すぎると顎が引いて、低すぎると顎が上がってしまい顎が開いてしまうのです。そのまま口呼吸をしてしまうことで、頻繁に空気が入れ替わるため口の中が乾燥してしまいます。そのため、高さを理想の枕にする必要があるわけです。姿勢良く立ったときの顎の角度をそのまま横にするのがベストだと、一般的に言われています。理想の枕を手に入れたいと思うのならば、まず自分の理想の顎の角度も知っておいた方がいいでしょう。それを参考にして選んでいけば、きっと快適な睡眠をすることができます。

タオルで高さの微調整

今まで使っていた枕を買い替えるべきかというと、決してそうでもありません。例えば、枕が低いと思ったときは、タオルを枕の下に入れるだけ理想の枕の高さに調節することができます。少しずつ微調整することで理想的な高さにすることができます。また、購入するときも自分の理想の枕の高さのものを購入するよりも、敢えて少し低めの枕を購入して微調整する方が良いケースも少なくありません。というのも、理想の高さだと思っていたのが勘違いのこともありますし、素材や製造方法によっても、寝た時のフィット感が違ってくることもあります。もしも、高いと思ったら調整が効かないため、敢えて少し低めの枕を購入するわけです。毎日口が乾く人は、まずはタオルで枕の高さを微調整してみてはいかがでしょうか。